専門家が教える失敗しない業者選び

~ マンションリフォームで失敗しないために ~

 

マンションのリフォームを考えた時にまず、依頼する業者を選ばなければいけません。

500万円以内のリフォーム工事には、何の資格も届け出も要りませんので、誰でも容易に参入することが出来ます。

札幌においても、新しいリフォーム会社が次々と生まれていますし、競争に敗れて消えていくリフォーム会社もたくさんあります。

毎日のようにリフォーム会社のチラシが入ってくるなか、どこに頼んだらいいかわからない方に、少しでお役に立てる情報を専門家の視点でお教えします。

  ザックリですが、基本的に知名度とリフォーム金額は、正比例します。有名な会社ほど高くなると考えたほうが無難です。

(あくまで一般論で、絶対ではありませんのでご了解の上お読みください)

リフォーム業者の分類

まずはリフォーム会社といってもたくさん会社がありますので、それぞれの会社を特徴別に分類してみましょう。

*大手ハウスメーカー系

新築をたくさん建てた会社が、自社OB顧客を取り込むために作っている会社です。

営業力と企画力、提案力に優れていますが、金額は高くなります。

特殊な工法で建てた家は、そこの系列でないとリフォームが出来ない場合があります。

ex 大和ハウスリフォーム、セキスイファミエス

   ミサワホーミング、三井リフォーム ・・・

*ホームセンター系

広い店舗と集客力を活用し、商品を展示できるメリットを生かして集客しています。

ブランドの安心感と小さな工事の相談しやすさがありますが、店員の当たりはずれが大きいです。換気扇交換や水栓交換、トイレ交換などに適しています。金額は中くらいです。

ex ホーマック、ジョイフルAK、ビバホーム、ヤマダ電機・・・

*まちの大工さん、設備屋さん系

地元に密着して、代表自ら職人として工事に取り組み、営業もアフターもするところです。

金額は安く小規模なリフォームに適しています。一般的には提案力や商材バリエーションに難があります。

*デザイン事務所、設計事務所系

デザインにこだわりがあり、お洒落なリフォーム提案が期待できます。デザイン料が加算されるので金額は高めです。フルリフォームやリノベーションなどの大規模リフォーム向きです。

*リフォーム専業店(営業)系(訪問販売含む)

チラシを撒いたり1軒1軒ピンポンしたりして反響を掴み、営業マンのマンパワーで受注する会社です。営業マンの出入りが激しいです。また、建築の知識がない人でも受注できるように「坪何万円」などという非常にザックリした定価見積方式でやったりしています。価格が明朗といいますが、ただ高いだけです。出来高制、歩合セールスの割合が高いので金額は高くなります。基本的には避けたほうがいいでしょう。

こういう会社は、問い合わせをするとしつこく付きまとわれますので、最初から係わらない方が無難です。

*リフォーム専業店(工事)系

チラシを撒くのは変わりませんが、営業のマンパワーだけに頼らず顧客本位で受注します。自社専属の下請けを抱え地域密着、共存共栄でやっています。

50万から300万クラスの工事なら、一番のおススメです。金額は中くらいです。

*専門職工事店系

特定の専門領域(塗装、内装、畳、外構etc)において、自社で営業と職人を抱え、元請だけでなく、下請け工事もしながら工事管理が出来る会社。

金額は安くなりますが、たくさんの工事が出来ないのと専門外に弱いです。

クロスだけの貼替、畳の表替などの他との取り合いのない単独の工事に適しています。

 

 

ザックリと分けましたが、会社によっては、いくつかが混ざっている場合もありますので、関心ある会社のホームページなどでご確認ください。

弊社の分類はリフォーム専業店と専門職工事店の中間くらいの位置です。

 

どの工事をどの業者を頼むか?

リフォームの工事範囲、規模や予算、考え方によって、依頼する会社は変わります。

例えば、水栓のパッキンを変えるのに大手ハウスメーカー系に依頼しても嫌がれるだけです。

また、お洒落なリノベーションをしたいのに、ホームセンター系に行っても話が通じません。

 おうちのリフォーム工事に終わりはありません。

時と共に建物は古くなりますので、大きな工事から小さな工事まで長期間にわたって親身に相談出来る業者さんをお選びください。

マンションリフォームの場合、基本的には室内専有部だけとなりますので、工事範囲は限られます。

間仕切りを変えない場合、内装工事(壁紙、床、建具)と水廻り工事となります。

(間仕切りを変える場合は、大工工事が追加されます)

内装工事で、畳の表替えだけなら、専門職工事店系の畳会社。

間仕切りを変えたり和室を洋室へ、クローゼットを増設、等の中規模の工事ならリフォーム専業店(工事)系がいいでしょう。

 

避けるべき会社

先程の訪問販売系の営業会社はもちろんですが、他に避けたほうがいい会社達です。

マンションリフォームに失敗しないためにも、是非ご参考に。

*マンションリフォーム経験値が少ない

マンションリフォームには特有の特殊性があります。近所や管理組合とのトラブルを避けるため、マンションリフォームの施工経験が少ない会社は避けましょう。

*全額前入金を求められたり契約を急がされる

 業者にもよりますが、工事代金の全額(100%)を求める業者もいます。

全額払ってしまいますと、工事に問題があってもきちんと対応してくれない可能性があります。

前金100%がその会社の「決まりです」といわれても、交渉する余地は必ずあります。

世の中、何があるかわかりません。

この数年間だけでも、工事途中にその会社がつぶれたり、お金を持って逃げたりして途方に暮れた方をたくさん見てきています。

最低でも10%、可能なら30%は工事完了後に支払うよう交渉しましょう。

 また、「今すぐ契約したらキャンペーンで安くします」と契約を急がせる業者がいます。

これも焦ったり急ぐ必要は全くありません。

そういう業者に限って、翌日でも1週間後でも間違いなくその条件で契約できます。

*建設業許可がない

建設業許可を取るにはいろんな条件があります。最低限これがない会社は避けたほうが無難です。

*会社設立から5年未満

少なくとも5年以上の営業経験がない会社は、いつなくなるかわかりません。

*事務所がマンションの1室

ホームページだけ立派で住所がマンションやビルの1室という会社もあります。

そういうところは工事は丸投げ、アフターは期待出来ません。

今はグーグルで会社住所を入れると、所在地の社屋が簡単に確認できるので、ひと手間かけて調べてみましょう。

*社員や職人の顔が出ていない

顔が出せないのには、訳があります。そういうところは避けましょう

*施工例やお客様の声がなかったり、不自然

施工例やお客さんの声は、工事実績の証です。ここの数が多い会社はそれなりの実績があると判断できます。

*派手な広告とチラシの表示金額が異常に安い

チラシを撒いたり、TV広告したり、立派なショールームを作ると多額のお金がかかります。

その費用は、当然、リフォーム金額に上乗せされます。

世の中に、訳もなく、安いことは絶対にありません!!

また、チラシの金額はほとんどあてになりません。

リフォーム会社の営業もそれを売ろうとは思っていません。

悪質業者は価格に釣られて問合せしてくるのを待っています。

相見積りをとりましょう

ある程度、候補の会社選びが終わったら、3社程度に絞って、見積依頼を致しましょう。

あまり多くの会社からとっても手間がかかりますので3社程度が適正です。

*工事区分を決める

まず、「何のために、何をやる、どこまでやる、いくらぐらいでやるか」を整理します。これがあいまいだと、業者ペースにハマって不要な工事が増えてしまいます。

EX 

・お風呂が寒いので、暖かくて段差の少ない風呂にしたい。ついでに洗面化粧台の交換と床も貼替えたい。金額は100万円前後

・結露が酷いので断熱工事を20万以内でやりたい  etc

*業者への見積依頼

工事区分を決めたうえで、事前にお調べになった3社程度、見積依頼をしましょう。

決して同時に呼ばないでください。手間ですが時間をずらしましょう。

工事区分と概算予算を伝えて、見積提出日も決めます。通常は1週間程度。

その時に専門家の視点から営業マンの意見や提案も聞いてみましょう。

例えば、キッチンを交換するのに予算が10万円といっても話が進みませんし、お風呂を大きくしたいといっても設備上できなかったりしますので。

業者によって得意な取り扱いメーカーが異なりますので、まだメーカー指定しないほうがいいでしょう。

見積提出の時に、簡単な工事日程も出してもらいましょう。

同じ工事でも1日でやるところと5日間かけるところがあるからです。

早ければいいわけではありませんが、工事中はいろんな人が出入りしてストレスが掛かりますので、ダラダラと工事するところは避けたほうが無難です。

提出は、メールかFAXにしてもらいましょう。資料があれば郵送でもかまいません。

業者の手間削減の意味もありますが、会わないほうが断りやすいからです。

それでも訪問してくる失礼な業者がいますが、そういう業者は約束違反を理由にきっぱりとお断りしてください。

*見積確認

見積が出てきても金額だけですぐに決めないでください。

見積に漏れがないか、商品グレードが違い過ぎないか確認します。

車のレクサスとパッソの金額を比べても意味がないのと同じです。

営業マンとの相性やアフター体制、会社の信用度なども再度チェックします。

*ショールーム確認

リフォーム会社から提案のあった商品が見れるなら、手間を惜しまず見に行きましょう。

ショールームに行けば、プランを無料で作ってもらえます。

お気に入りの商品が見つかったらそれに絞って再度、各社に同一条件で見積を出してもらいます。

*業者決定

ここまでやったうえで、業者を総合的判断で決めてください。電話で断りずらい場合は、メールかFAXで連絡してください。

*ポータルサイトは・・・

ネットで検索すると、大手企業が出資しているリフォーム会社紹介のポータルサイトがいくつも出てきます。

無料でリフォームの優良会社をご紹介とありますが、無料なのは、お客様から直接頂かないというだけです。

成約すると業者側から6~8%程度、徴収されます。

リフォーム会社側のメリットとしては広告費用を削減出来ることと、決まらなければ費用がかからないことです。

 もちろん、見積を出す時点でその経費はお客様の見積にこっそり上乗せされていますので、その分高くなっています。

 最近は裏の仕組みが少しずつ消費者に理解されてきているので、昔ほどの勢いはありませんし、事業から撤退した会社もあります。

お問合せ・ご相談はこちら
011-861-3900

受付時間:午前9時から午後6時まで
休業日:日曜日、祝日(不定休)

お気軽にお問合せください。