代表者ごあいさつ

荒井 俊吉

株式会社キッチンワークス 代表
経歴

1963年 釧路市生まれ

1981年 釧路江南高校卒業

1986年 弘前大学人文学部卒業

1992年 大手住設メーカーに入社。分譲マンションのキッチン、洗面の企画・提案・販売に従事

2003年 退社後、メーカー経験を生かしキッチンワークス設立

所属

一般社団法人日本住宅リフォーム産業協会(ジェルコ)正会員

タカラリフォームクラブ、TOTOリモデルクラブ

クリナップ水まわり工房

ごあいさつ

キッチンワークス社屋前にて集合写真

 代表の荒井です。

この度は、キッチンワークス「マンションリフォーム事業部」サイトにお越しいただき、ありがとうございます。

 24年前、私がキッチンメーカーに中途入社して初めて手掛けた物件が、厚別区にある大型分譲マンション「アイシティ大谷地」です。

 右も左もわからない中、ゼネコンやデベロッパーの方にご指導をいただきながら、なんとかキッチンと洗面、下駄箱を納入させていただきました。

その後も、約10年にわたり、毎年1,000戸以上のキッチンを納入してきました。

その時から今日まで、マンションとの長い付き合いが続いています。

 メーカーに勤めていたころの話です。

 分譲マンションに自社のキッチンを採用していたくためにはデベロッパー、ゼネコン、設計事務所、代理店等、様々な利害関係者への営業活動が不可欠です。

 自社の商品を売り込むため、デベ、ゼネコン、設計さんへ毎日、営業していました。

 また、水栓やレンジフード、人大カウンターなどの仕入メーカーさんとの打合せなども頻繁に行っていました。

 その時に築いた、人的資産がキッチンワークスを創業した時の財産となり、今へと続いております。

 他リフォーム会社では到底、真似のできない多様な販売先、仕入先があるのはこういう理由があるのです。

 結果として、安い仕入と安定的な販売先の確保ができ、派手な広告や無理な営業活動をすることなく、今のような形態を築くことが出来たのです。

 弊社は、他リフォーム会社とは異質です。異質であることを誇りとしています。

他と同じことをしていても、生き延びることは出来ないからです。

 社員やその家族、取引先、お客様のためにも、企業は永続する必要があります。

永続するためには、社会から必要とされ続けなければなりません。

 社会から必要とされるためには変化を恐れず、常にチャレンジ精神をもって進んでいきたいと思っています。

 キッチンワークス創業当時は、マンションの水廻りリフォームがスタートでした。

そこを起点に賃貸アパート、戸建て、店舗の水廻りリフォーム。

その後、内装工事、家具製造などに広げてきました。

しかし、我々の原点は分譲マンションのリフォームです。

 この度、創業当時の原点に帰り、マンションリフォームをより意識した専門の部署を設立することにしました。

 これにより、これまで以上に経験と専門性を生かしてマンションにお住いの方のお役に立てる会社を目指していく所存です。

 

 

 

お問合せ・ご相談はこちら
011-861-3900
  1. 受付時間:午前9時から午後6時まで

休業日:日曜日、祝日(不定休)

お気軽にお問合せください。